So-net無料ブログ作成

ユニセフから写真立てが届きました 2017年末 ラスト・サプライズ [季節]

年末の大掃除をしていると
ユニセフから妙な封筒が届きました

不思議そうに封を開けた飼い主が
「うわー!」と喜んで
ニヤニヤしながら
青と白の紙の写真立てを正月飾りに加えました

不審に思ったチョビ君が調べに来ました
350ユニセフの写真立て.jpg
何だこれ?

==========================

感謝状

Chobi.H.Yaoita様
10年を超える長きにわたり
ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムを通じて
世界の子供たちの健やかな成長を支えてくださった
温かいご支援に、心より御礼申し上げます。
これからも世界の子供たちの
命と未来を支えてくださいますよう
お願い申し上げます。

2017年12月

ユニセフ事務局長 アンソニー・レーク
日本ユニセフ協会会長 赤松貞子

==========================

うお!

お礼を言われるほどの金額ではないのに!
こんなご丁寧な礼状を送ってよこすとは
何て律義な団体なのでしょう!

それに
こんな立派なもの送ってきたら
かえって損が出るのでは?

>当協会では少しでも多くの子供たちを支援するため、感謝状の発行は最低限に控えさせていただいております。しかし、ご協力いただいてから10年という大きな節目に際し、心からの敬意と感謝をお伝えしたく、同封の感謝状をお送り申し上げます。お納めいただければ幸いです。

なるほど

そういえば10年くらいたったかもしれません

==========================

きっかけは「ずぼら」でした

ニュースで災害とか政変とか
募金の呼びかけを聞くと
わずかばかりの支援金を振り込んでいたのですが
それがだんだん面倒になって

考えました

(さらにわずかな金額を自動引き落としにすれば
いちいち災害のたびに振り込まなくてもよいのでは?)

ずぼら計画に従って自動引き落としを申し込み
その後ほどんどの災害に
支援金を振り込みませんでした(^_^;)

(東日本大震災はさすがに振り込みましたよ!)

動機はともあれ
いつのまにか10年が経ち
こうして褒めてもらえると
なかなかに嬉しいものです(*^^*)

==========================

私がニヤニヤしているのを見て
母がうらやましがっています
「私もマンスリー募金する!」
「10年続けて写真立てもらう!」
と騒いでいます(笑)

どうぞどうぞ募金してください
世界の子供たちが喜びます

母「三途の川を渡るときのために御朱印帳を集めていたけど、それに加えてこの写真立てがあれば、さらに閻魔様の覚えめでたく極楽に行けると思う!」

さすが80代
すごい計画になっています(^_^;)

ぜひ頑張って極楽浄土行きのお沙汰をゲットしてください(笑)

==========================

2017年はありがとうございました
2018年もどうぞよろしくお願いいたします
新年が皆様にとって素晴らしい年になりますように!





nice!(10)  コメント(6) 
共通テーマ:健康